脱毛後に毛のう炎を起こしてしまうのは、開いた毛穴からバイ菌が入ってしまうからです。ムダ毛を抜くとどうしてもしばらくの間は毛穴がぽっかりと空いた状態になってしまいます。少し経つと自然に閉じていくのですが、その間にいつも通りの日常生活を送るだけでもリスクがあります。

そのため、脱毛後はいつも以上に衛生管理を徹底し、汗をかいたらこまめに綺麗にしなければなりません。夏場は特に湿気によって雑菌が繁殖しやすいので危険です。開いた毛穴をできるだけ早く閉じるために収れん化粧水を利用するという方法もあります。

収れん化粧水をつけると、毛穴を引き締めて閉じてくれます。ただし、つけるとすぐに閉じるわけではありませんので、毎日のケアに取り入れる必要があります。冷たく冷やしたものをつけると効果的ですので、冷蔵庫に冷やしておいたものをお風呂上がりにつけます。

毛のう炎になってしまったら、抗炎症作用のある軟膏を塗って刺激を与えないように気をつけなければなりません。刺激を与えるとメラニンが生成され、色素沈着を引き起こす恐れがあります。赤く炎症を起こしているうちは外的刺激に敏感ですので、できるだけ早く改善する必要があります。


Comments are closed.